医師が大学病院へ転職する理由

医師が大学病院へ転職する理由

2004年に臨床研修制度が改定になってから、医大生は卒業後に好きな医療機関を選択し研修を受けることができるようになりました。その結果、大学の医局離れが進み深刻な問題となっています。

 

結局のところ、一般病院で研修を受けた方が多くの症例経験を積むことができる他、給料面でも恵まれていることから大学病院離れが加速化しているということになるでしょう。

 

しかしその一方で、ある程度の経験を積んだ医師が敢えて大学病院へ転職するケースが実際にあります。なぜ大学病院へ転職することを決意したのでしょうか。

 

最大の理由は、特異な症例や研究成果に触れることができるからだといえるでしょう。確かに一般病院で研修を受けると大学病院よりも早く実践に参加することができますし、一般的な症例を数多く経験することができます。

 

スキルアップのためには、多くの症例数を経験しておくことは必須であはりますが、特定の分野の専門医を目指すのであれば大学病院での経験は大変役立つといえるのです。

 

また大学病院には教授をはじめ、研究者や現場で実際に働く医師など経験豊富な医師達が揃っていますので、学びやすい環境にあることも転職を希望する医師にとっては魅力的だといえます。

 

それから004年までは大学病院の医局で学ぶ医師が多かったこともあり、医師を育成する仕組みに長けていることも優れている点の1つでしょう。

 

躓きやすいところであったり、サポートが必要な点を十分熟知して適材適所に医師を振り分けているという大学病院が数多く存在します。

 

そのような環境下で仕事をしていて、医師としてのスキルがアップしないわけがありません。だからこそ、敢えて大学病院へ転職する医師は一定数存在し続けているというわけです。

 

現在は多くの大学病院が医師不足に悩んでいるため、求人数は豊富な状況が続いています。しかし今まで一般病院で働いてきた医師としては、できるだけ待遇面を変えることなく転職したいというのが本音なのではないでしょうか。

 

そのような時は、転職サイトや人材紹介会社を活用してコンサルタントに条件交渉を依頼すると良いでしょう。そこまで待遇面を変えることなく、転職することができるように努めてくれます。

 

事業承継 マンション管理